QOL向上の方法 仕事の悩み

【ブログを始めようと思う人へ】継続するコツは収益だけを求めないこと

「病気になってしまって今後働けるかが不安だ。。」

そう思う人は少なくないでしょう。

治る見込みのない病気を抱えてしまうと、健常者のようにフルタイムで働くことが厳しくなります。

そんな私も"機能性ディスペプシア"という胃が正常に働かない病気を患っていることで、フルタイムの正社員で働いていた仕事を最近退職しました。

参考記事
【機能性ディスペプシアとは?】日常生活の質が著しく下がる胃の難病です

機能性ディスペプシアという病気をご存じですか? 別名が機能性胃腸障害(英名:Functional Dyspepsia)とも呼ばれており、胃の ...

続きを見る

仕事を辞めるというのは男の私にとって、まして結婚もしているのでシャレにならないことではありますが、将来のビジョンを見据えて退職しているので焦ることはありませんでした。

その中でも手軽に始められる"ブログ"を今後考えているビジネス手段の一つとして、1年前から始めていました。

この記事を見ていただいている皆さんも、「私もブログをやってみようかな?」と考えてらっしゃるのかもしれません。

ですのでブログを始めて1年になる私から、ブログを始めることにおいてのメリットやデメリットについてお話して、是非これから始めようと考えている皆さんの参考になればと思います。

 

 



 

ブログ収益の発生する仕組み

そもそも皆さんはブログにより発生する収益の仕組みをご存じでしょうか?

主な収入源となるのは企業から得る広告収入となりますが、この広告収入は直接企業から支払われるものではありません。

そのような説明も含めて、ブロガーであれば必ず利用するであろう広告収入の媒体を2点ご紹介しますね。

 

アフィリエイト

こちらは”成果報酬型”と言って、ブログに掲載した企業の広告をクリックをしてもらい、その後に成約につながった場合に報酬が発生する仕組みです。

以下の図を参考にしてみてください。

出典:GMO

世間にある企業というのは自分の商品を売り込むために、様々な媒体を使って宣伝をしています。

例えば、テレビ番組を見ている際に放送の合間に「ご覧のスポンサーの提供でお送りします。」のアナウンスと共に企業の名前が表示されていますよね?

あれは企業がテレビ局にお願いして広告費として支払うことで、その番組内でCMを流しているのです。

このようなケースと同じように、ブログの場合も企業が"ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)"という仲介業者に広告費を支払って広告掲載を頼んでいます。

ですがASPは仲介業者であることから、自分のところで広告を掲載することはありません。

そこで代わりに私たちのようなブロガーがASPに登録して企業の広告を掲載し、読者によるブログからの申し込みが発生した場合にASPが報酬といった形でブロガーに支払う仕組みになっているのです。

国内で500万人以上やっていると言われるブログを通して広告を掲載した方が確実に効率が良いですからね。

もちろん中間マージンとして仲介業者であるASPが仲介手数料を取っているので、ブロガーに入ってくる報酬は企業が支払っている広告費のほんの一部です。

ですが、ブログ自体のアクセス数が増えてきた場合は報酬の割合が多くなったりすることもありますし、ブログ自体に知名度がついて有名になった場合は企業より直接広告掲載のオファーが入ってきたりすることもあるみたいですので、そういった意味ではアフィリエイトは夢がある広告収入ではないでしょうか。

 

グーグルアドセンス(Google AdSense)

こちらは"クリック報酬型"と言いまして、読者により広告をクリックされるだけで収益が発生する仕組みです。

以下の図を参考にしてみてください。

出典:GMO

アフィリエイトと同じでGoogleがASPの代わりとなって企業から広告掲載のオファーを受ける形になっており、ブロガーが掲載した広告が閲覧ユーザーよりクリックされると報酬として"Google"から支払われる形です。

アフィリエイトと比較するとクリックしてもらうだけで収益が発生するので、収入を発生させるための敷居が低いのが特徴です。

ですがアフィリエイトと異なり報酬の額が決まっておらず、1クリック平均20円~30円程と言われており、1円しか発生しないこともざらにあります。

クリックされる確率は1%ぐらいが妥当ですのでPV(アクセス)数が伸びないと収益としては見込めないですが、アフィリエイトよりは安定して毎月収益が発生する可能性が高いと考えます。

 

ブロガーの収益の現状

ブログの収益方法についてご紹介しましたが、実際に世間のブロガーさんたちはどれぐらい稼いでいるのでしょうか?

それでは日本のブロガーさんたちの平均月収を見てみましょう。

出典:HIDESUN BLOG

これを見て驚きなのが"収1万円未満のブロガーさんが約7割もいる"ことです。

しかも、その中で3割のブロガーさんは収益0なのです。

初めて実態を見る人においては「ブログってこんな稼げないものなのか。。」と思ってしまうのも無理はありません。

日本でブログをしている人は2020年時点で約600万人いると言われていますので、400万人以上のブロガーさんは収益がほとんど無いに等しいということですから。

これだけ見ると、ブログだけで食べていくことはかなり厳しいということが分かります。

ですが反対に、わずか1割ではありますが月収50万円以上稼いでいるブロガーさんもいます。

これだけの稼ぎがあればサラリーマンよりも裕福な暮らしができますね。

実際に私が使っているASPに登録している人でも月に1000万円以上稼いでいる人もいましたので、一握りの人ではありますが普通では考えられないぐらい稼げる可能性を秘めているのもブログの魅力でもあります。



 

軽い気持ちでブログをしない方が良い理由

 

稼げない人の方が多い一方で会社員の何倍も稼いでいる人もいるので「一度はやってみようかな?」と考える人も少なくないでしょう。

本業をやっている片手間の副業としても手軽に始められることから敷居も低いのですからね。

ですが、私としては「収入の少しの足しにでもなったらいいや!」とか「将来はブログだけでノマド生活がしてみたいなー」ぐらいの気持ちでブログを始めることにはお勧めできません。

その理由を説明していきましょう。

 

収益化するまでに時間が非常にかかる

ブログは労働と違って書いたらすぐ収入に繋がるわけではありません。

最低でも3ヶ月は一銭の収入にもならないと言われています。

このように書き始めてから1年経ってようやく収益が発生したという人もいらっしゃいます。

これはなぜかと言いますと、まず広告をクリックしてもらわないことには収益が発生しませんので、たくさんの人に自分のブログを見てもらう必要があるからです。

ですが、書き始めて最初の頃はGoogleやYahoo!等の検索エンジンに認識してもらえず、まったく検索結果として上がってきません。

・時間が経つ
・サイトや記事のアクセス数が多い
・検索エンジンに良質な記事と認識してもらう

このような条件をクリアすることで検索結果の上位に上がってくるようになり、一般のユーザーからブログを見てもらいやすくなるのです。

皆さんも何かを検索するときに中身を表示させるサイトって、検索結果の上位数件ぐらいですよね?

ほとんどの人が次のページ以降に登録されているサイトまでわざわざ見にいったりしないと思います。

このように収益化させるまでに最低3ヶ月はかかり、酷い場合には1年以上経っても結果が出ないことも覚悟しなければなりません。

 

書いた時間が無駄になる可能性がある

先ほど説明したように1年以上経っても収益が0円の可能性があります。

ちなみに記事を一つ書くのにどれぐらい時間が掛かるかを想像できますか?

私の場合ですが、一般的に検索エンジンからの評価が良いとされている4000文字~5000文字を書くのに最低でも5時間以上は費やしています。

※最初は10時間以上掛かってました。。

ブログは文字を書くだけのように思えますが、他にも画像を挿入したり文字のフォントを編集したりする必要がありますし、アフィリエイト広告を載せる際もじっくり選んだりする時間も必要となってくるのです。

よって収入が0円であれば当然時給は0円ですし、仮に月1万円の収益があったとしても時給に換算すると60円ぐらいです。

少なすぎですよね??

いまどき高校生のバイトでも時給700円以上はあります。

しかも、厚生年金や健康保険のような社会保障もまったく無いのです。

このように結果は出なければ費やした時間と労力が無駄になり、正直、その時間と労力を別のアルバイトでもして稼いだ方が良かったと後悔するかもしれません。

 

頑張った分だけ報われる世界ではない

もしあなたが1年間、毎日頑張って記事を書いていても大した収入にならない可能性は十分にあります。

その理由として、もしあなたの記事があまり需要が無い場合や文字数が少なすぎる等の記事の質が悪い場合だと検索エンジンからの評価を得られずに外部ユーザーからのアクセス数も少なくなってしまうため、それに比例して広告のクリックやアフィリエイトの成約がほとんど無くなるからです。

その点、会社員のような労働型であれば働いた時間の分だけ給料をもらえるので、普通に考えたらそちらの方が割に合っているはずです。

すなわち"ログは実力が物を言う世界"と言えるでしょう。

芸能人のようなもので、ブログを見てくれる読者から需要が無ければあなたのブログは売れていないということになります。

だから常に読者が何を求めているかを知ることは当然のこと、読者に分かりやすく伝えられるような見せ方の工夫、そして検索エンジンの上位に表示されるように継続して書き続けるといった努力が必要となってくるでしょう。

成功できるのは一握りの人ではありますが、もしあなたのブログが世間の読者に売れたとしたら"好きなタイミングでブログを書くだけ”で会社員と同等、またそれ以上の額を"労収入"として得ることができるのです。

 

維持費がかかる

広告収入を発生させるブログを運営するのは、基本的にタダではありません。

実はサーバーを管理する費用として年間1万円、自分のドメインを維持するのに2年ごとに2000円ぐらい掛かります。

そしてブログを掲載しているサイトには"テーマ"という装飾が存在し、これは無料でも問題ないですが、ある程度凝ったデザインや便利な機能を付けようとすると初回に1万円以上掛かったりもします。

もしブログを始めて収益が出ずに1年以内に辞めたとすると、これらの運営費がそのままマイナスとなってしまうわけです。

また、ブログの執筆はスマホでも出来ないことはないですが、非常に書きずらいのでそれなりのスペックがあるパソコンが必要になってくるでしょう。

このように最低でも初回に数万円の出費になる可能性が高いので、ブログを続ける意思が弱い人は初めから辞めた方が良いでしょう。

 

私はわずかな収益でも発生したのは半年後でした。。

 

本気で取り組む際に意識した方が良いこと

 

収益化をすることはなかなか難しいブログではありますが、長く続けることで自分の財産となります。

したがって、これから本気でブログに取り組もうとされている人のために意識しておいた方が良いことを挙げておきます。

 

収益を得ること以外の目的を見つける

まず大前提として考えていただきたいのが、ブログというのはお金稼ぎのための手段としてだけ考えていると長続きしません。

そもそも小銭を稼ぐだけなら週に数回でもアルバイトをした方が確実に効率が良いです。

では、どういったことを目的とすればよいのでしょうか?

例えば私の場合ですが、このサイトは私と同じように治りくい病気を抱えて毎日を頑張って生きている人が私の経験から症状の辛さを緩和させる方法や病気でも社会で健常者に負けないように生きていく知恵を提供することで、未来に対して患者さんが希望を持って毎日を充実させていっていただけることを目的としています。

また、私の抱えている"機能性ディスペプシア"を含めて世間で認知をされていない病気が、一般の人や医師の人にこの記事を見ていただいて、住みやすい世の中になることや有効な治療法が開発されるように促すことも、もう一つの目的です。

もちろん徐々には収益にも繋がってほしいと思っていますが、それは次のビジネスをするための資金にするつもりですので、それはまだ先で構わないと考えてます。

私の目標とするビジネスについては以下の記事に書いてます。

このように収益を得ることは二の次にして、ブログを無理なく続けられるように大きな目標を設定しておきましょう。

 

日記のような記事は書かない

ブログには2つの種類が存在します。

・特化ブログ
・雑記ブログ

特化ブログは私のサイトのように、"一つの専門的なジャンルについてのみ記事にしているブログ"です。

反対に雑記ブログは”様々なジャンルを記事にしているブログ”です。

私としては、"特化ブログ"お勧めします。

雑記ブログは何でも書く事ができる反面、読者からしたら「何を伝えたいのか分からない。。」と思われやすいので固定ファンが付きにくく、記事の内容も日記のような内容になることがあるからです。

日記のような記事とは「今日は朝ご飯にパンを食べた後に昼から近くのスーパーで買い物に行って、夜は早めに寝ました。」のような内容です。

芸能人であればこれでも読んでもらえるでしょうが、一般人の私生活を暴露しても読者からの反応は間違いなくこう思われます。

 

興味なし!!

 

ですので、特化ブログにして読者の需要を満たすような記事を書く方が読者のためになることから共感も得られるので、あなたのモチベーションも上がってブログを続けやすくなることでしょう。

 

他の人より得意なことや知識が豊富なことを記事にする

収益の関係からPV(アクセス)数を気にするあまり、今が旬の芸能人の情報を記事にした"トレンドブログ"を選ぶ人も多いです。

これらのブログは確かに検索数が非常に多いので一時的なPV数増加が見込めますが、常に芸能情報に敏感でなければなりません。

もしあなたが芸能人に大して興味がない場合、これらの記事を書き続けるというのは苦痛ではないでしょうか?

強いては、途中でブログを辞めてしまう可能性だって十分にあり得ます。

そうならないために、自分が今まで経験してきて他の人よりも得意であるジャンルや本当に好きなジャンルであれば、たとえ収益がしばらく発生しなくても楽しんでブログを書くことができるでしょう。

結果が出るまでに半年から1年ぐらいかかることは普通なので、本当にあなたが書きたいジャンルを記事にするサイトにしてください。

 

ブログを書くことを日課とする

冒頭でお話したように1記事書き上げるには、ライティングが相当得意な人でなければ最低5時間以上はかかるでしょう。

しかも集中していることから書いている途中でかなり疲れてくるので、休憩しながら書くことになると思います。

そうすると丸1日は費やす可能性が高いので、休日だけでブログをしようとすると1ヶ月で4,5記事ぐらいしか書けないでしょう。

ブログはある程度まとまった収益が発生するまでに100記事ほど書く必要があると言われていますので、このペースだと2年近くかかる計算になります。

どれだけ収益以外の目的があるとはいえ、2年も収益が発生しなければさすがにモチベーションが下がってブログを継続することが難しいかもしれません。

したがって、毎日少しでも良いので"ブログに触れる"ことにしましょう。

触れるというのは執筆作業のことだけではなく、ネタを考える時間も含めます。

最初はたくさん浮かんでくるネタも途中からネタ切れを起こすことも少なくありませんので、通勤中や寝る前の隙間時間でも構いませんので、考える癖を身に付けてください。

そうすると、いざパソコンの前に座ったらある程度スラスラ書けるようになります。

私はブログを会社員時代から始めてましたが、通勤中や仕事中にもネタを考えていました。

そして退職してフリーになった今は次のビジネスの構想を練りながら、それ以外の時間は全てブログを書くことに費やしています。

これは私なりに本気で取り組んでいるという覚悟ですので、これから始めようと考えている人も自分で時間を作って、その時間はすべてブログに捧げるぐらいの気持ちで挑んでいただければ収益以外の結果も色々出てきて楽しくなってくるはずです。



 

ブログが向いている人、向いてない人

 

既にお伝えしたことと重複する内容もありますが、ブログをすることが向いている人と向いていない人の特徴をお伝えしておきます。

 

ブログが向いている人の特徴

ブログが向いている人

・病気等の理由により身体を使わない仕事がしたい人

・悩みを持つ読者を救いたいと思っている人

私のような病気になると会社へ通勤してフルタイムで働くということが難しくなってきます。

ブログですとパソコン一つあればできますので、自宅で身体に負担を掛けることなく執筆することが可能です。

収益化するまでには時間がかかりますが、他で時短の仕事をしながら副業として書き続けていればいずれ収入が発生して将来の大事な収入源になる可能性があります。

また、「同じ悩みを持つ人に対して自分のブログを通して解決してあげたい!」という人には是非ブログを開設していただきたいです。

直接的ではありませんが、あなたのブログを通して間接的に救われる人がいるのは素晴らしいことですので、それに対して喜びが得られる人であれば間違いなくブログに向いていると思います。

ちなみにライティングが苦手な人でも書いているうちに慣れてくるので、そこは気にしなくても大丈夫です。

もともと私もライティングが非常に苦手でしたが、半年ぐらいしたら半分の時間で書けるようになりましたので。

ブログが向いていない人の特徴

ブログが向いていない人

・継続して物事に取り組むことが苦手な人

・ブログの目的がお金を稼ぐことだけの人

ブログはとにかく継続することが大切です。

強い目的や信念があってブログを書いている人は別ですが、ブログはずっとパソコンの前で文章を書く作業をし続けるので飽き性の人は途中で投げ出してしまうと思います。

また目的がお金を稼ぐことだけの場合も、思ったより収益に繋がらずにブログを書いている目的が他にないので「何のために書いているんだろう?」といった疑問が浮かんで途中で止めようという決断が下されることでしょう。

どちらのケースにも言えますが、ブログは収益化という結果が出るまでに時間が非常にかかるので、こういった人は収入がほとんど無い状態が耐えられずに短期間で限界がきてしまうはずです。

実際に、ブログを始めて1年以内に辞めてしまう人は全体の7割ぐらいとされていますので。

もしブログが向いていなくても、普通に出勤して働くといった会社員のような労働体系ではない働き方もたくさんありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事
【仕事を辞めたい人へ】会社員だけが社会人としての生き方ではない

「毎日会社へ仕事に行くのがツライなぁ。。」 「もう体力的にも精神的にも限界だ。。」 会社員として毎日仕事をしていたら、こんなことを考える人は ...

続きを見る

 

最後に

ブログは短期間で収益化することが難しいため本気で取り組まない人にはお勧めしませんが、一度収益化されると不労収入として継続的に入ってくる可能性もあるので、病気で働けなくなった患者さんたちにとっては金銭面で不安な将来に対して少しでも安心できる手段にはなると思っています。

それよりもブログの一番素晴らしいところは、"自分の記事が読者の悩みを解決することに役立っている"ことではないかと感じています。

私も読者の人から「楽しみにしている!」と言われたことがあり、本当にブログを書き続けて良かったと心から思いました。

これからブログを始めようと考えている皆さんもこの記事を参考にして、有意義なブログライフを送っていただけたら嬉しいです。

 

ではまたお会いしましょう。

 

  • この記事を書いた人

ワナビー松本

機能性ディスペプシアから始まりうつ病や様々な不安障害も経験した経験から現在は心理カウンセラーとして活動中。 このブログは日常生活に支障をきたす病を抱えている患者さんに向けて私の経験を基にQOLの向上方法や症状緩和の知恵を共有しております。 ▼YouTubeやTwitterでも発信していますので是非チャンネル登録やフォローをお願いします▼

-QOL向上の方法, 仕事の悩み

© 2022 ワナビー松本のQOL向上部屋